公認会計士と税理士の違いって?

公認会計士と税理士は扱う内容が重なる部分も多く、その違いについて混同されがちな職種です。両方とも同じ国家資格ですが、難易度は会計士の方が高いです。会計士の資格を持っている場合は、税理士の試験を免除されることから、会計士の資格の方が上位であることがわかります。個人で依頼する税務関係の依頼の大半は、税理士が担当する範囲であることが多く、人数も会計士より多いため、資格の世界では会計士の方が本来格上ですが、世間の認知度は低い傾向です。公認会計士が行う業務は、企業の財務情報を正確に把握して、監査することがおもな役割です。扱う企業は、上場企業のような株主を大勢抱えている大規模な会社が対象になります。会計は税理士も取り扱うことはできますが、監査については公認会計士でないと行うことができない独占業務になります。会計士になるには、会計士の試験を受験して合格した後に、会計事務所などで2年以上の業務補助を経験します。そして、日本公認会計士協会が主催する実務補習と呼ばれる講義を受講して、会計士の実務を行うのに必要な知識を習得してから、実務補習終了後に受ける修了考査という試験に合格してはじめて会計士になることができます。